得手不得手

オタクで旅行好き アラサー女子の得意なこととダメなこと

【土日の混雑は?】フェルメール展 大阪 に行ってきました〜!!【フェルメール展2019】

こんばんは、フエです。

フェルメール展《大阪》に行ってきました〜!!

いまさらフェルメールとは?みたいなとこからはじめるつもりはなく、
サクッとレポしたいと思います。


大阪のフェルメール展と東京のフェルメール展との違い

東京展
2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日)
上野の森美術館で開催 終了済

大阪展
2019年2月16日(土)〜5月12日(日)
大阪市立美術館
↑今回行ってきたのはコレ。


【作品が違うよ!】

東京と大阪、まず大きな違いとして東京と大阪で展示されている作品が違います。

東京限定
・牛乳を注ぐ女
・ワイングラス←日本初公開
・真珠の首飾りの女
・赤い帽子の女←日本初公開

大阪限定
・恋文

共通公開
・取り持ち女
・手紙を書く婦人と召使
・手紙を読む女
・マルタとマリアの家のキリスト
・リュートを調弦する女


【大阪の方が安い】

東京→(当日券)2700円

大阪→(当日券)1800円


いや…東京高すぎひんか?
というか、大阪でこの内容でこの展示したらシビアな関西人来ません。アホらし、言うて終わり。
てことで大阪の1800円でもちょっと高め〜妥当な金額と思われます。


【チケットの種類が違うよ】

東京→日時指定券あり

大阪→当日券のみ(ペアチケットなどはある)

要するに東京の展示は日時指定券を作らなければいけないほどの混雑。
日時指定券持ってても入場規制あり。

しかし大阪はすいてるのでそんなんいらん

って話ですわ。


実際の混雑は?土日の朝イチで行ってきた

大阪人の特性として、並ぶの嫌いなんです。

だから混まへんやろ、ってのはわかってたんやけど、とりあえず、わたしは朝イチで並んで見てきました。

時間は9時半〜でしたので9時には並んでました。

👉チケットの買い方

大阪展では日付指定チケットはありません。公式サイトから電子チケットを購入して表示して入る、コンビニで購入しておく、などありますが、当日窓口で購入も可能です(※1〜2人しか並んでませんでした)
https://vermeer.osaka.jp/ticket.html
ちなみに、東京展の半券がある方は100円引きで購入できるそうです。


わたしはチケットは公式サイトで電子チケットで購入済み。
まわりに並んでた人もだいたい購入済みやったみたい。

9時20分、エントランスに入れてそこでまた並びます。
チケットをまだ持ってない人はここで買って、入場列に並び直すので朝一で並ぶ人は当日券窓口で買うと多少のロスになりますね。

9時30分、中に入れます。
コインロッカーも入れるのはこの時間からです。音声ガイドもこの時間からになります。
中に入ると一斉に音声ガイド列に並ぶ人、とりあえず中に行く人 が、ダーっと…

でも走ってくみたいな気合い入った人はいないので大丈夫でした…



展示の順路はどうだ?

あんな、みんなフェルメール一目散やからほかの作品かわいそうやねん…

ていうか失礼やねん…

まぁ、正直よな…

フェルメールは最後の方の部屋にあるので、ほかの作品のスルースキルが必要です。でもまあみんな朝イチはどうせフェルメールみに行くに決まってるので迷うことはありません。そこだけ人だかりです。

で、わたしもフェルメールに一目散に行ってんけど

まあまあすいてて、一番前の見やすいとこでそれぞれじっくり見れたな

という満足さはありました。

フェルメール作品6こをじっくりみたあと、はじめに戻ってその他の作品を見させていただいた。
もちろんフェルメール何回も見てね。

とはいえヤン・ステーンとか有名画家きてたんだけど、
なんせみんなフェルメールみたさにきてるので結構適当やわな。

音声ガイドは石原さとみちゃんなのであのカスカスの声が好きなひとはかりてみて。(わたしはあの声好きじゃないのでかりませんでした)


でも結構みても…1時間やな…


入場のときほぼ先頭にいたわたしですが、見終わって出たらかなりの人が物販のところにいたのでみんな飽きたのだと思われるw


ちなみに私たちが帰るとき、入場列はとっくに消えて誰も並んでいませんでしたよー


コスパ…

そんなに並ばなくていいと思うと、割とおすすめはできます。

ただしフェルメールファンに限る

わたしはそんなにフェルメールにこだわりはないので、あーこんなもんかーふーんまぁ楽しかったかな
くらいです。
1時間1800円… わたしの時給より高い金額を費やして満足かと問われるとワカラン 雰囲気代www

ただ、ひとつ間違いなく言えるのは、

絶対現地の美術館にいって見るのがいいよ…

もし元気がある絵画ファンのあなたがこれを見たらぜひとも、ぜひともアムステルダムに行ってこれらの作品を見てください!!!
めっちゃすいてるし!!雰囲気、背景、などなどを身をもって感じながら鑑賞できるのはやはり本場の美術館だけです!!!

反対に、海外なんて嫌、体力もないし無理って方には今回の美術展は推せます。
なんだかんだでフェルメール作品がこれほど一気に揃うのはないので。


アムステルダムとデン・ハーグに両方いったらかなりお腹いっぱいになると思います。
ニューヨークにもかなりあるのでそちらもいいかも。
今回きていたリュートを調弦する女とかメトロポリタンで10センチの距離でじーっと眺めてても誰もまわりにいませんでしたよ。



という最後海外で見たら?みたいな感じで終わりましたが、

大阪展は要領が良くサラッと見れたのでファンにはおすすめ!

でした!

リピするか?と聞かれたら、わたしはしませんwwwww

これからG.W.まで続くので混雑する日もたまにはあるかもしれませんが、今のところの混雑具合はこんな感じです。

ご参考にどうぞ😊